ピロリ菌は簡単に減らすことができる

  • 投稿日:
  • by

前回、前々回の記事を読んで頂いても分かるようにピロリ菌が胃の中に生息していると、あまり良いことがないようです。というか、病気の原因となってしまうピロリ菌はいない方が良いのです。その方が余計な心配事が減りますから!

 

ピロリ菌がいるかどうかを調べたいなぁとお思いの方はどうしましょうか。現在、日本ではピロリ菌が胃の中に生息しているかどうかだけを調べたい時には、もちろん検査をするわけですが、健康保険は適用されません。でもピロリ菌がいるかどうか知りたい・・という方、今現在胃が痛かったりしますか?その胃の痛みの原因がピロリ菌...かもしれないとお思いですか?それなら胃潰瘍の疑いあり、として受診しましょう。医院や病院ではその患者さんが胃潰瘍だった場合はピロリ菌が原因になっているかどうかを疑います。ですから、担当医にピロリ菌の検査をしたい、といえばしてもらえるでしょう。

 

ピロリ菌の検査はどのようにしてするのでしょうか。いくつか方法がありますがその一つに内視鏡によるものがあります。つまり胃カメラです。この胃カメラの検査、とっても大変なことで有名ですよね。筆者はまだ胃カメラを経験したことはありませんが、でも胃カメラを飲んだ方によると...大変だった、いう方が周りに結構います...。まず胃カメラをする前に飲む溶剤の味がひどい...から始まって、口をあけっぱなしにするのは大変だし、首が疲れる、というような意見が多数。

 

内視鏡で胃の中の組織の一部を採取して、それを顕微鏡で見てみたり(鏡検法)、溶液に入れて培養してピロリ菌が増えるかどうか検査(培養法)するそうです。結構大掛かりに検査するものなのです、ピロリ菌の検査って!こんな面倒くさい検査、正直なところしたくないですよねー。ですからピロリ菌にかからないようにするために、危険要素を減らすために、まず水道事情が悪いところではミネラルウォーターを購入する、口移しで子供に食べ物を与えない、などの注意が必要です。可愛い我が子に厄介な菌を移したくないですからね!

http://xn--bckp1bn4lbq4lnac7g9003cb0sc.com/

ピロリ菌を除去する方法

  • 投稿日:
  • by

前回の記事でも触れた「ピロリ菌」ですが、胃の中に生息していて、ほっておくと胃潰瘍などの症状を引き起こす恐れがある菌でしたよね。胃潰瘍だけでなく最近の研究では胃がんを引き起こす原因となることもあるようで、そうなりたくないのならピロリ菌を退治しておくのがよさそうです。ピロリ菌の退治には、一昔前は、保険は効かなかったのですが、今は健康保険が適用になりました。ただしこれには条件があって、ピロリ菌が引き起こす病気が症状として発症している場合に限ります。ですから、ピロリ菌がいるので退治したいので保険を使いたい...という場合には適用されません。

 

除去方法ですが3種類の薬を飲む方法はあります。簡単に言えば「抗生物質」と「胃酸の分泌を抑える薬」の役目がある3薬を服用します。期間は1日2回の服用を7日間続けます。これで大体75パーセントのピロリ菌の除去に成功するというデータがあります。もしこの方法で成功しなかった場合は薬の種類を変えて同じ方法で同じ期間試します。大体はこれでほとんどのピロリ菌の除去が出来るそうです。このような方法でピロリ菌の除去を行ってからピロリ菌が原因で症状が出来た病気の治療を行うのが、ピロリ菌が原因で病気を引き起こしてしまった場合の治療方法です。

 

ここで大切なのはお薬を処方されたら必ず飲み切ることです。ピロリ菌以外でもウィルス感染の治療の際も同じですが、しっかりとお薬を飲み切らないと耐久性のある菌が出てきて、悪さをするという事があります。そうなると治療に、初めに試した薬よりもより強い薬を使わなければならなくなったり、薬が全く効かない、というようなことも考えられます。耐久菌って結構怖いものなんですよ。だからこそ、ピロリ菌の退治をお考えでしたらお医者さんから処方された薬はしっかりと飲み切りましょう。

ピロリ菌は胃の中にいるだけならそれほど症状は出ないそうです。でもそれが悪さをするようになると問題です。もしあなたが胃に何らの症状がありましたら、ピロリ菌が原因になっているかもしれない、と疑ってみましょう。

よく聞く『ピロリ菌』って何?

  • 投稿日:
  • by

ピロリ菌は胃の中に多く生息する菌です。

ですが、すべての人の胃の中に生息しているのではありません。このような事を言うと誤解を招きやすいと思いますが、ピロリ菌は衛生状態の悪い地域に住んでいる人がピロリ菌に感染しやすいようです。ではピロリ菌に感染するといったいどのような事がおこるのでしょうか。恐ろしいことに胃潰瘍などの病気にかかる確率が上がるのだそうです。ピロリ菌が胃の中にいるだけで病気の可能性が上がるのだとしたら、今すぐそんなピロリ菌を退治したいですよね。

 

その昔、胃の中には菌など存在しないと思われていました。実際に胃の中はとても強い酸で覆われています。ですからピロリ菌は元より菌など存在していない...、そう思うのも無理ありません。このような定説が長い間あったものですからピロリ菌が発見されたのは1983年になってからです。それほど昔の事でもありませんね。ピロリ菌に感染するとどうなるか、詳しく申し上げますと、胃潰瘍になる確率が上がるだけでなく慢性胃炎や胃がんの発生率が高くなる、という報告もあります。もし胃の痛みが長く続く...とお悩みの方がいらっしゃったらもしかするとその原因はピロリ菌かもしれません。

 

日本でも2000年からピロリ菌に対する健康保険がきくようになりました。でもそれにはほかにも胃の病気が併用していなければいけませんが。例えば、胃炎にかかったその原因がピロリ菌だった...、というような時は保険適用になります。ピロリ菌の除去のだけの場合は保険の適用にはなりませんのでご注意ください。ピロリ菌の除去には日本では治療薬によって行われます。抗生物質によっての除菌になります。酸に強い菌ですので、それなりの抗生物質が必要でしょう。

 

ピロリ菌を除去することによって防げる病気があるとしたら、そして今現在、胃の調子が悪いなどの症状をお持ちの方がいましたら一度、病院に行ってみましょう。保険を使ってピロリ菌を除去できるようになりましたから使わない手はありませんよね。